巻き爪

巻き爪が悪化する妊娠の原因とは?巻き爪予防方法をご紹介

巻き爪になる場合に、女性の妊娠が関係してきます。妊娠してお腹が大きくなってくると爪に負担がかかるなどし足の爪は巻きやすくなります。日頃の爪の手入れや予防方法を合わせてお伝えしますので、是非お役立てください。

妊娠中に巻き爪が悪化する原因

巻き爪の予防方法

妊娠中に巻き爪が悪化する原因

妊娠中に巻き爪になる原因として4つ挙げられます。

①体重増加

妊娠中期から後期にかけての急激な体重増加により短期間で一気に足に負担がかかります。7, 8kgから多い人では20kgくらい体重が増えてしまいます。急激な増加は形成されている足のアーチに大きく負荷をかけてバランスが崩れてしまいます。足が崩れると今度は爪に影響が出てくるのです。爪が負荷に耐えきれなくなることで巻き爪が進行します。

②歩き方の変化

お腹が大きくなってくると歩く姿勢が変わり、全身を支えるバランスが悪くなります。お腹の分重心が前になり、支えようとすると後ろに体重をかけてカバーします。すると、指先は浮き気味になり、地面と接地が悪くなります。爪は地面をしっかり踏みしめないと自然に巻いていくメカニズムがあるので、どんどん巻き爪になりやすくなってしまうのです。

③むくみ

妊娠すると母体の血液の水分量が増えるため足や手などがむくみやすくなります。足がむくむことにより妊娠前に履いていた靴が窮屈になることがあります。窮屈な靴を履く事により、爪が物理的圧迫で変形しやすくなります。

④ケアが困難

お腹が大きくなってくると前屈みの姿勢が難しくなり、自身での足の爪のケアが困難になってきます。そのため爪のケアを放置してしまう妊婦さんが少なくありません。爪が伸ばしっぱなしになると爪が靴と接触しやすくなり、爪が変形したり割れたりする可能性が高くなります。逆にある程度短くしておいて整える手間を少なくするように考える人もいますが、深爪にすると皮膚に食い込みやすく痛みが伴います。むくみも関わってきて深爪のリスクが高まるといえます。

巻き爪の予防方法

巻き爪の原因をそれぞれ見直して予防していきましょう。

①むくみを解消させる

足のむくみを解消させるには血流を良くしてあげます。下半身を直接温めるのもいいですし、飲み物や食べ物も体を温めるものや冷やさないものを選びましょう。マッサージをすることで筋力がほぐされていくと、リンパの流れがスムーズになり血流の通りが良くなるので部位に応じた適切なマッサージを取り入れたいところです。もちろん軽い運動を普段から行うのは大切で、むくみだけでなく健康や精神面でも必要です。

②靴の選び方履き方を見直す

足がむくむことで普段の靴のサイズと変わることがありますが、爪が痛いという理由で大きいサイズを履く事はNGです。大きすぎる靴だとかえって靴の中で足が大幅に動くので、爪が靴の内側に強く当たってしまいます。爪に変化を及ぼしますし痛みも出やすいです。足に合わせて都度ぴったりなサイズを履くようにしましょう。幅は丁度よく、長さは0.5cm~1cm程度余るくらいが望ましいです。少し余らせることで爪が内側で負荷を受けずに済みますが、固定されていないと結局中で足が動いてしまいます。固定するために靴紐を選びましょう。紐をぎゅっとしっかり結ぶことにより足を固定させられます。お腹がつかえて結ぶのも一苦労であれば、靴ベラを使って履くのもよいでしょう。紐は緩んできたタイミングで結び直すことはお忘れなく。

③インソールで後ろ重心をカバーする

後ろ重心を常に意識して正そうとするのは大変です。インソールを使用すると足の骨格が正しくなるためバランスがよくなります。妊娠中は転倒のリスクがありますが、インソールのバランス力の向上により転倒防止にも働きます。妊娠中だけでなく普段使いにも役立ちますし、巻き爪予防にも繋がります。

④爪のケア

爪の長さは指先と同じに揃う状態が望ましいです。伸びすぎ、短すぎも爪には負荷がかかります。指先と揃えてから最低でも2週間に1度のペースで整えると安心です。また、形状は角を残して全体が四角くしてください。角を丸くしてしまうと、巻きや食い込みに繋がります。ただあまりにも角が尖りすぎていては隣の指に触れた際に傷つけてしまうので、触れても痛くないようにヤスリで2, 3回撫でるくらいで安全な形になります。

妊娠中は靴を履くことと、爪を整えることも場合によっては難しくなります。周りに手助けできるご家族がいれば助けてもらってください。もし巻き爪で痛みがあれば、動くのも困難になることが多く、痛みを庇い出すと腰や膝への負担も増す危険性もあります。妊娠中に起こった巻き爪は出産後に直るものでもないですから、予防が大切なのです。

埼玉巻き爪矯正院 越谷院には妊娠中の方も来院され、施術を受けています。施術中にも姿勢に無理がないように安定したリクライニング式の施術ベッドで安心して施術を受けることができます。痛みは初回の施術から一般的に9割くらい痛みが減少し、楽に歩いて帰れるとご好評いただいております。少しでも爪の異常が気になってきたならば痛みの少ない早期の矯正スタートをおすすめします。

まずはお気軽にご相談ください。

【越谷院】埼玉県越谷市南越谷1-6-96フォレストM 1F   定休日:水曜日、木曜日

営業時間:10:00~19:00

電話番号:048-918-4997

ネット予約:https://chouseisancal.com/makitume-koshigaya

関連記事

初めてご来院の際はカルテの記入等ございますので「予約時間の10分前」にお越しくださいませ。
ネット予約