巻き爪は足の悲鳴

巻き爪の原因 足のアライメント骨格異常

ご存知ですか?10人に一人は巻き爪と言われています。

爪が巻いて痛みがある方はもちろんですが、痛みが出ていない巻き爪さんも含めると、その数はもっと多いのです。もはや現代病のひとつといっても過言ではありません。

痛みがないのでそのまま放置してしまいますが、爪が食い込んで、痛くなって初めて、

「自分は巻き爪だったんだ!!」

と気が付くケースが非常に多いのです。

足の爪が巻いて、皮膚に突き刺さり、痛みが出るところまでたどり着くには、実に様々な不具合が絡み合って時間をかけてじっくり、ゆっくりと起こる身体の最終段階の悲鳴であり体の不調のサインと言えるのです。

巻き爪重度写真
巻き爪重度写真
目次

体にかかる最大の負担

「人間(ヒト)はサルから進化した」という話はきっとみなさまはご存知でしょう。

元々は4足歩行でしたが、進化の過程で2足歩行になりました。

4足歩行から2足歩行に至るまで、身体は様々な機能を獲得し、進化し続け現在の人間の形態になったのですが、その際にある場所に全体重が集中する構造となりました。

きっと、勘の良いかたはここまで読んだらすぐピン!とくるでしょう。

そうです。その、「ある場所」というのは、です。

2足歩行は、足に負荷が集中し、体重や、目に見えない地球の重力までもが集中するようになりました。

足に負担がかかることで、様々な足のトラブルや障害がおこるようになってきたのです。

足の骨格が与える体への影響

ひとはそれぞれ、生まれ育った環境や、関わり合った人たちの影響を受けて人格形成され、個性を持って成長していきます。

足も同様に、成長過程の中で起きる足への負担や足靴の環境などにより、十人十色の成長

足のトラブルは、体重や重力がかかって起こるものですが、必ずしも体重や重力のせいだけではありません。

年齢を重ねるとともに、その方の歩んだ人生を反映させるかのように足の骨格のゆがみも千差万別です。

~よくある足のゆがみ~

●外反母趾、内反小趾

最近はよくテレビにも取り上げられる外反母趾。女性にだけ起きる問題ではありません、男性にも生じます。足親指の第三関節部分が下のイラストのように「く」の字に曲がる外反母趾。また反対に小指が「く」の字に曲がること内反小趾と言います。

外反母趾イラスト

●浮指

歩行時や直立時に指が地面につかない、接地しない状態。指が常に浮いた状態になっているため、巻き爪にもなりやすい。

浮き指イラスト

●扁平足(へんぺいそく)

扁平足は足のトラブルとしてはよく耳にするものではないでしょうか。足裏のアーチが崩れて平べったくなった状態、土踏まずがなくなった、またはアーチが弱い状態。一眼見ただけでは分かりにくい「かくれ扁平足」の方もいるので「自分は大丈夫!」という判断も注意が必要かもしれません。

扁平足イラスト

●ハンマートゥ

別名「屈趾足(くっししょう)」。特に多いのが足の指の小さい指(第二趾〜第四趾)に多く見られる指の関節が屈曲した状態。ハイヒールやパンプスを履く方、紐などでしっかり足の甲面を止めないため靴の中で足の遊びが多いと指で知らず知らずのうちにズレを抑えようと指が屈曲することで生じるとも言われています。

ざっと上げただけでもこれだけの足の骨格のゆがみが出てきます。

これらの足の骨格のゆがみにより、巻き爪、陥入爪は生じるのです。

さらに、これらの足のゆがみを抱えていると

膝痛、股関節、腰痛、頭痛、首コリ、肩こり、慢性疲労、腰痛、骨盤のゆがみや身体全体の骨格の変形

体のコリという症状を生み出します。

身体の全体を支える足の骨格が美容的、健康的な体調の問題に深く関連しているのです。

足の骨格の歪みが全てを左右させているといっても過言ではないわけです。

巻き爪は問題の氷山の一角

巻き爪は足トラブルの氷山の一角にすぎないのです、その背後に必ず別も大きな問題が潜んでいると考えてください。

巻き爪や陥入爪で爪が皮膚に食い込んでいる、痛みがある時はすでに足の骨格や腰、肩の骨格がゆがんでしまっているとも言えるでしょう。

症状化した巻き爪に対して、千葉巻き爪矯正院では、爪を平たし、皮膚に刺さり込む爪を解消し、痛みの軽減をはることができます。巻き爪を正常に機能するカーブを描くまで矯正し、見た目としてもキレイな爪になるのです。

一方、長い時間をかけて、じわじわと歪んでしまった足の骨格は元に戻すのは非常に難しいのです。しかし、だからと言って放っておいていいわけではなく、これ以上悪化していかないように予防ケアすることが大切なのです。

巻き爪や陥入爪のケア、予防は足の骨格のケア、予防などの対策となる。
足の骨格のケア、予防などの対策をすることは巻き爪や陥入爪のケア、予防にもなります。

巻き爪や足のトラブルでお悩みなら千葉巻き爪矯正院へ

千葉巻き爪矯正院では足の骨格の変形により巻き爪を引き起こしているその原因をカウンセリングで確認し、それ以上の悪化や歪みを予防するためのケア方法をご提案・アドバイスをおこなっております。

痛みが無くても巻いている場合、早めのご相談でご自分の身体の不調がどこから来るのか、知ることができます。

健康の根幹をなす足のケア、爪のケアは早期に行うに越したことはありません。もしご自身の足や爪の「痛み」と言う悲鳴が聞こえたら、ぜひ千葉巻き爪矯正院 柏院にご相談ください。

コラム作成:千葉巻き爪矯正院 柏院 相原

千葉巻き爪矯正院 柏院
《住所》〒277-0851千葉県柏市向原町1-20カーサ・アイ向原 1階B号室
《TEL》04-7170-4522
《営業時間》10:00~19:00
《定休日》水・木

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる