爪って何のためにあるの?爪の役割について解説します

爪の役割アイキャッチ

痛みに耐え続ける毎日。

「こんな爪って必要なの?いっその事、無くてもいいのでは?」

と思ったことがある人いませんか?

今回は爪の役割について考えてみましょう。

目次

爪は必要か?どんな役割があるか

爪の役割とは

指先の先端の部分の骨は爪の中央の途中までしかなく、代わりに爪が指を支えています。

爪がないと小さなものをつかむこともできなくなります。 

また、爪は手指を保護する役割があります。指腹やかかと側は厚い角質によって保護されていますが、甲の部分の角質は薄く、よく手を使う方は指先のケガが多くなります。そのため、爪で覆うことにより指先を保護しているのです。

足の爪の役割は、安定して体を支え、立つ、歩くなど体のバランスをとる重要な役割を担っています。ゆえに爪は、手と足の機能に欠かすことのできない大切な部分です。

爪を短く切り過ぎていると、地面から受けた力で皮膚が盛り上がり爪の先が皮膚に入り込んでしまいます。
また窮屈な足靴環境だと、指先が床へ着かず力を受け止めることができません。

このように爪を切りすぎたり、日頃履く靴を見直さないと爪が巻き爪や陥入爪といったトラブルに見舞われ、爪本来の役割が果たせなくなります。

爪がない場合の不具合

爪がなかったら、さまざまな不具合が生じます。

例えば、手に爪がないと、指先に力が入らなくなるため、物をつかむことや細かい作業ができなくなります。足の爪がなくなると、歩く時につま先に力が入らないので、バランスを崩して転倒しやすくなったりします。また足の爪には『体重を支える』という大きな役割があります。

実は足の爪がない状態で過ごすと、いつの間にか腰の痛みや上半身の肩や首の痛みのトラブルにまで発展していくことがあります。爪が無く指先をうまく使えず、足の付け根と踵の2点歩行になると自然と体全身でバランスを補おうとします。これが全身のトラブルに繋がる理由です。整体などに通院してある程度改善してもまた不調を繰り返してしまう人の中には、根本原因が爪にあったという人は珍しくないことです。

また爪はあっても巻き爪である場合も、同様に体の不調に見舞われる可能性が高いです。

特にトラブルが起こりやすいのは、足の親指です。『巻き爪』をはじめとする足の爪のトラブルの多くは、この親指に起こります。体重を支えている時、足の親指には他の指よりずっと大きな力がかかっています。また、歩いたり走ったりする時は、足の小指から人差し指の4本に体重を移動させるように踏み締め、最後に親指を地面から離すようにして前に進みます。親指はそれだけ負担が多く、同時に爪にも相応の役割があるのです。日頃から爪の状態を意識し、改善をするよう心がけましょう。

巻き爪を改善すると歩きやすくなり、健康の一助となります。千葉巻き爪矯正院柏院の施術は患者さまに極力負担のない方法を行います。そのため、実際に施術を受けられたお声の中には「怖がらずもっと早く来ていれば…」というご感想も見受けられます。健康は全身を支える足元から正しましょう。ご予約お待ちしております。


千葉巻き爪矯正院 柏院
《住所》〒277-0851千葉県柏市向原町1-20カーサ・アイ向原 1階B号室
《TEL》047-170-4522
《営業時間》10:00~19:00
《定休日》水・木

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる